パッケージランドのブログ

packagelan.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 30日

『謹賀新年』

b0084540_2025881.jpg
新年あけましておめでとうございます。今年も皆様にはすばらしい良き年になりますようにお祈りいたします。また昨年はお世話になり有り難うございました、2012年、本年もどうぞよろしくお願いいたします。 By Package-Land.
[PR]

by package-land | 2011-12-30 20:17 | Comments(0)
2011年 12月 13日

『仕上げは、、』

直島から宇野港からレンタカーでかっ飛ばし浪速へ、、車を置き浪速グルメ定番のステーキ『ビックジョー』直島/倉敷アートな旅行の軽い〜疲れを吹っ飛ばすジュニアーは300g/マイは250gのテンダロンステーキ&ビール、ワインで仕上げたのだった。
b0084540_20464376.jpg
b0084540_20463477.jpg
b0084540_20443244.jpg
b0084540_20441946.jpg

[PR]

by package-land | 2011-12-13 20:46 | Comments(2)
2011年 12月 13日

『直島/直島銭湯』

b0084540_2039971.jpg
地中美術館近所に止めたレンタサイクルでひとっ飛び帰りは下り坂なので気持ちいいし、、楽ちん、、直島にもう1カ所「南寺プロジェクト」を見たかったが、、おじさんに聞くとまた西側の坂道を登らなくちゃという事で止め、フェリー乗り場の近所にある現代アーテスト「大竹伸朗」+ベネッセ+直島自治会の『直島銭湯』でアート/レンタサイク疲れを癒すことに、、入浴料¥500円なり、ゆったりほっこり、、良い気持ち〜〜銭湯を出ると目の前のフェリー「船が出るぞ〜〜」な感じ、、慌ててレンタサイクルを返却、すっ飛び、宇野港行きフェリーに飛びのる、、直島アートなトリップなかなか意義のあるものだったねいろいろ、、と、、。
b0084540_20382698.jpg
b0084540_20381973.jpg
b0084540_20375873.jpg
b0084540_20374989.jpg
b0084540_20374239.jpg

[PR]

by package-land | 2011-12-13 20:38 | Comments(0)
2011年 12月 13日

『直島/ベネッセミュージアム』

ベネッセ+安藤建築の最初のコラボ『ベネッセミュージアム』、テラスハウスからシャトルに乗りちょっとバックした所にあるミュージアムと宿泊設備の楕円形をした「オーバル」(ここには宿泊者しか立ち入れない)へ、、さすがもう20年くらい経過するのでさすが安藤建築も近年のシンプリーに比べやや造形が複雑だ、どちらが良いかはそれぞれ主観のなすところ、、でもさすが2日フルにアートアートでややお疲れ気味だ
b0084540_20243644.jpg
b0084540_20242229.jpg
b0084540_2024783.jpg
b0084540_20235686.jpg
b0084540_2023466.jpg
b0084540_20233083.jpg
b0084540_20232068.jpg
b0084540_20231024.jpg
b0084540_20225673.jpg
、、。
[PR]

by package-land | 2011-12-13 20:27 | Comments(0)
2011年 12月 09日

『直島/テラスレストラン』

リーウワン美術館からベネッセのシャトルバスに乗りベネッセ+安藤忠雄の『テラス/レストラン』がある、ここはもっとも海辺の穏やか瀬戸内に面したテラスだ(2棟あるテラスはそれぞれ1泊約¥5万以上する)そのテラスレストランで昼食だ、運営は有名な銀座のシェフ2種類あるランチメニューの中から¥3,000円のフレンチコース、メインデッシュは鰆のムニエル、、ボ〜と穏やかな〜〜な海辺を眺めながら美味のオフランスでしばし休憩。
b0084540_11483937.jpg
b0084540_11482887.jpg
b0084540_11481774.jpg
b0084540_1148663.jpg
b0084540_11475543.jpg
b0084540_11474026.jpg
b0084540_11473141.jpg
b0084540_11471964.jpg
b0084540_1147655.jpg
b0084540_11465523.jpg
b0084540_11464429.jpg
b0084540_11463259.jpg
b0084540_11462272.jpg

[PR]

by package-land | 2011-12-09 11:48 | Comments(0)
2011年 12月 09日

『直島/李ウーワン美術館』

地中美術館にレンタサイクルを置き坂を下った入り江にあるもっとも新しい安藤建築『リーウワン美術館』がある日本、欧米、韓国と活躍する現代アーチスト「リーウワン」究極のシンプリリストを追求した作風で海、山に囲まれた地形に垂直に建てられた柱の作品は安藤建築とあいまって緊張感を生み出す、、が個人的にはそのアーバンなテイストに比較し内部の作品、安藤建築もさほど新しい試みも見いだせずちょっとな感じだったね。
b0084540_1131510.jpg
b0084540_11305788.jpg
b0084540_11304890.jpg
b0084540_11303897.jpg
b0084540_11303019.jpg
b0084540_11301311.jpg
b0084540_11295881.jpg
b0084540_112942100.jpg
b0084540_11292840.jpg

[PR]

by package-land | 2011-12-09 11:31 | Comments(0)
2011年 12月 08日

『直島/地中美術館』

半島のちょっと急峻な坂道をレンタサイクルを押してあがりおえた所にご存知、ベネッセ+安藤忠雄設計の地中美術館(入館料¥2,000円と高め)がある、まだ完全ではないがあと数年でインフォーメーションセンターや入り口を残してすっかり樹木に隠れてしまいそう
b0084540_17282762.jpg
b0084540_17281540.jpg
b0084540_1728119.jpg
b0084540_17275499.jpg
b0084540_17273070.jpg
b0084540_17251848.jpg
b0084540_1725318.jpg
b0084540_17244023.jpg
b0084540_17243130.jpg
b0084540_17242119.jpg
b0084540_1724771.jpg
b0084540_1723541.jpg
b0084540_17234242.jpg
b0084540_17232945.jpg
b0084540_17231782.jpg
b0084540_1723568.jpg
b0084540_17224918.jpg
。ここはモネ、デ、マリア、タレルそして安藤建築の対話ってかんじだね、それぞれの作品に接するアプローチまでぐるぐる廻る回廊、その壁には40cmの横長のスリットがめぐらされ、傾斜さっせられた壁面にクラクラとさせられる、、なかでもデ、マリアの2、2mの黒御影石製の球体に日の出から夕方まで刻々と変わる天窓から入る光によって変容する表情が最高だった、そして作品を見終わったあと、瀬戸内を一望できる地中カッフェで軽く?ビールを飲みながら、、ぼ〜〜としばし休憩。
[PR]

by package-land | 2011-12-08 17:30 | Comments(0)
2011年 12月 03日

『直島着』

感じとして思ったより大きいいね?直島ではタクシーが1台?しかないらしい、、あとは町営のとベネッセのシャトルバスがあるだけとフェリーにマイカーを乗せた方々、、ターミナルから外を眺めると気持ちよさそうにすいすい走るレンタサイクル、、を見て¥500円のスカイブルーのレンタサイクルで島を巡る事になった!でも地中美術館への半島の坂道はさすがにしんどく、、持ち歩きだね!。
b0084540_2182323.jpg
b0084540_217571.jpg
b0084540_2172673.jpg
b0084540_217270.jpg
b0084540_2163566.jpg
b0084540_2161341.jpg
b0084540_2155048.jpg

[PR]

by package-land | 2011-12-03 21:09 | Comments(0)
2011年 12月 03日

『いざ直島へ』

倉敷から40分、直島への港、宇野港へ、、Pに車を止め四国汽船フェリーで約20分(往復」¥580円)穏やかな瀬戸内海を朝の気持ち良い風を受けながら直島へ、、一杯小島があるのでどれかな?と思っていると、やっと直島の玄関口宮浦港へ、、この宮浦港ゲートハウスは金沢21世紀美術館と同じく「サナ」の設計だ、、近づくと、、芝生広場の先端にかの草間弥生のパンプキンのオブジェがあるね!
b0084540_2101233.jpg
b0084540_20593853.jpg
b0084540_205967.jpg
b0084540_20585138.jpg
b0084540_20582941.jpg
b0084540_20581690.jpg
b0084540_20574581.jpg

[PR]

by package-land | 2011-12-03 21:00 | Comments(0)
2011年 12月 03日

『大原美術館』

倉敷紡績の社長であり実業家「大原孫次郎」が地元出身の画家「児島虎次郎」に西洋の優れた作品収集を依頼し収集させ社会貢献活動のため寄付し美術館として今日にある、それにしても今や別館等ふくめ毎年1億円づつ作品収集しているらしいが、、グレコ、モネ、ゴーギャン、マチス、ゴッホ、セザンヌ、、世界と日本の代表作の有名どころの大コレクションには圧倒されたね!。
b0084540_1184876.jpg
b0084540_1183096.jpg
b0084540_1172320.jpg
b0084540_117461.jpg
b0084540_116518.jpg

[PR]

by package-land | 2011-12-03 01:19 | Comments(0)